2.『本当に効果のあるデトックス』の超重要ポイント

この記事は約4分で読めます。

何度も効果のないデトックスを繰り返していた私が、辿りついた『本当に効果のあるデトックス』

その方法は…

『本当に効果のあるデトックス』3ステップ
  1. ストレッチする!
  2. ちゃんと寝る
  3. ウンコもりもり出す!

この3ステップ。この3つが連動してる事が大事です

私は、ウンコをもりもり出すだけのデトックスなら、何度もやったことあって、快便の爽快感(?)はあったものの、私が望む効果(肌が綺麗になる)はなかった

望む効果はなかったものの「溜め込むよりは良いだろう」と定期的にウンコもりもりデトックスを続けていた

そんな風に、ウンコもりもりデトックスを定期的にする生活を何年か続けていたある時、今までとは違う手応えを感じた

私が1番望んでいた肌が綺麗になるという効果があったんです!!

肌が綺麗になる効果のあるなしを決めたのは…

いつものデトックスとの違いは、ストレッチしてた事

肩凝り(っていうか全身の凝り)をなくして、流れの良い体になろうと、毎日ストレッチしてたんだよね

私は、ようやく理解した。「私の老廃物は筋肉に溜まってたんだ」

老廃物って、体にある各細胞(筋肉とか)でできて、リンパ→静脈→ウンコという流れで排出されるんだよね(詳しくは、老廃物はどこから来て、どこへ行くのか?を読んでね)

私は、普段便秘って訳じゃなくそこそこ出るから、腸に溜まってる老廃物はそんなでもなかったみたい(それでもデトックスすると凄い出るけど) ウンコもりもりデトックスは定期的にしてるしね

腸に溜まった老廃物のデトックスは定期的にしていても、筋肉に老廃物を溜めたままだったから、望む効果(=肌が綺麗になる)はなかったんだ…とわかったの!

ストレッチする

いつものデトックスとの違いはそれだけなのに、こんなに効果が違うのか…

ほんと衝撃的だった

自分の老廃物がどこに溜まっているか?を見極める

もちろん、人によっては、筋肉ではなく腸に老廃物が溜まってる事もあると思う。便秘体質の人はそうだよね。そういう人は、ストレッチなしのウンコをもりもり出すだけのデトックスでも十分に効果があるのかもしれない。

でも、私の場合は、ウンコもりもり出すだけじゃダメだったってこと

自分の老廃物がどこに溜まっているか?を見極めて、自分にあったデトックスをしないと劇的な効果は得られないってことだね

老廃物をデトックスする流れ
  1. 筋肉などに溜まってる老廃物をリンパに流す
  2. リンパ→静脈→腸で、老廃物を腸に運び込む
  3. 腸に運び込まれた老廃物をウンコとして出す

↑この老廃物を体外に排出する流れの中で、自分が出来ていないのはどこなのか?を知り、足りてない部分を補うことを重視したデトックスを実践しましょう!

ちなみに、最初に挙げた『本当に効果のあるデトックス』3ステップは…

『本当に効果のあるデトックス』3ステップ
  1. ストレッチする!
  2. ちゃんと寝る
  3. ウンコもりもり出す!

↓こんな風に、老廃物をデトックスする流れに対応しています

老廃物をデトックスする流れ
  1. 筋肉などに溜まってる老廃物をリンパに流す ←ストレッチする
  2. リンパ→静脈→腸で、老廃物を腸に運び込む ←ちゃんと寝る
  3. 腸に運び込まれた老廃物をウンコとして出す ←ウンコもりもり出す

だから、老廃物をしっかりデトックスするためには、ストレッチ・睡眠・快便の3つが必要なんです

人によってチカラを入れる部分は違ってくると思うので、各ステップの詳細は個別に説明してます

  1. ストレッチして、老廃物をリンパに流す!
  2. ちゃんと寝て、老廃物を排出する準備をする♪
  3. ウンコもりもり出す!

「デトックスしても効果ないな…」と思ってる人へ

私のように、一般的に”デトックス”と呼ばれている事(ウンコ出す、汗をかく、ファスティングなど)を試してるのに、特に効果を感じられないという人は、ぜひ『本当に効果のあるデトックス』3ステップを試してほしい

私の場合、ステップ3のウンコもりもり出すデトックスばっかりやっていて、ステップ1をしてなかった(ステップ2は自然にできてた)せいで「快便にはなるものの、肌には特に変化なし」という効果しか得られなかった

それがステップ1を加えただけで、肌が綺麗になるだけじゃなくて、腸や子宮・卵巣などの内蔵の働きが良くなったのも感じられるし、リンパの流れがよくなったおかげで免疫力も上がって年1〜2回ひいてた風邪をひかなくなったし、老廃物が流れるにつれ美脚に近づくし、本当に良い事だらけだよ!

Let’s Detox!

→ 『本当に効果のあるデトックス』の具体的なやり方

タイトルとURLをコピーしました